31 Dec 2011

Inuiwa_20120110


 ほのかな茜色に染まった空と海を背に、もの悲しげな “犬岩” がたたずんでいました。

 2011年最後の日の入りです。 

青澄祭に立ち寄り

111112_121139 今日は、千葉科学大で、『青澄祭』が開かれていたので、天気も良いことだし、立ち寄ってみました。
 中庭の「ホルモンうどん」への長~い行列を横目に、先ずは、講義棟2階最奥一つ手前の、安藤先生の研究室によるジオの展示へ。
 後部座席に、実体顕微鏡が数台並び、顕微鏡を見る見学客を、研究室の学生さんがサポートしています。
 屏風ヶ浦の名洗層の、丹沢火山灰によるテフラから取り出した試料の中に、ガーネットは見つかるでしょうか?
 私は根気が続かなくて、途中でギブアップ。またの機会に見つけなくっちゃ。
  中央部座席に、銚子半島の昔を知るのに役立つ、昔に撮影された貴重な写真の数々が並んでいます。
 ジオパーク推進市民の会のメンバーと、屏風ヶ浦の地層の不思議について、語り合いました。
  お腹も空いたことだしと、中庭の売店へ。
 「ホルモンうどん」は、行列が長過ぎてギブアップ。「お好み焼き」の隣に、「ジオパン屋」を見つけました。
 学生さんが3人で、「アンコもないとパン」を売っています。
 リボンが可愛いコスチュームの女学生を中心に、スナップ写真を2枚ほど撮影。
 市民の会のメンバーは、それぞれに、家族の人数分くらいの個数だけ、ジオパンを買っていました。
  次は、中庭に流れる「いか焼き」の良い匂いに吸い寄せられて、銚子のイカを注文。ここはとても繁盛しています。
 お腹が空いていたことも手伝って、とっても美味しい焼きイカでした。
  奥の方のステージではイベントも開かれて、賑やかでしたが、私は、別のイベント参加の予定があり、これで切り上げることに。
 また、来年!

ビーバーのダム

ビーバーのダム
 ビーバーのダム作りは、持って生まれた本能的な行動で、教わらなくても自然にできるようになると言われている。 水辺の木を齧り倒し、泥や枯枝などとともに材料として、川を横断する形に組み上げ、大規模なダムを作る。オスの役目で縄張りには尿をかける。ダムによってできた“ダム湖”の中心部にも木を組み上げ、密閉された個室状の巣を作る。巣の床は水面より上にあるが出入り口の通路だけは水面下にあり、天敵の侵入を巧妙に防いでいる。ダムを利用することでこうした水位を常に保っている
 長い年月の間にはいくつもの“ダム湖”が作られ、これによって岸辺の総延長が伸長し、食物をとる範囲が増えることになる。
 
 ビーバーが環境を大きく変えることで多くの命を森に呼び込んでいる。川が流れているだけで水鳥は住めない場所であったものが、池になることで渡り鳥もやってくる。池にはたくさんの水草も育ち、様々な生物で賑わうようになる。数十年経つと池は土砂に埋まって使えなくなり、残された栄養たっぷりの土砂には草が良く育ち、池は後に広大な草原に生まれ変わり、森の草食動物の貴重な食事場所になる。しかし、天敵がいない環境だと、後述の森林破壊になるケースもある。

 2011年現在で確認されている世界最大のビーバーのダムは、2007年10月にカナダ・アルバータ州のウッド・バッファロー国立公園内で発見されたダムで、長さは850mにもなる。ダムそのものに草木が生えていることから、1970年代から建設が始められ、数世代に亙って拡張され続けているものと考えられている。このダムは更に拡大を続ける可能性がある。
 
 2011年04月29日にカナダ・アルバータ(Alberta)州で『原油のパイプライン破断事故』が発生した。その後に同州環境当局者は、「ビーバーが作ったダムにより、被害も拡大せずに済んだ」との趣旨を、公表している。

 以下に、Wikipedia の要約を引用する:
= ==========引用始め==========
 ビーバーは「自分の生活のために周囲の環境を作り替える、人間以外の唯一の動物」であるとも言われる。 
 ビーバーのダム作りは、持って生まれた本能的な行動で、教わらなくても自然にできるようになると言われている。 水辺の木を齧り倒し、泥や枯枝などとともに材料として、川を横断する形に組み上げ、大規模なダムを作る。オスの役目で縄張りには尿をかける。ダムによってできた“ダム湖”の中心部にも木を組み上げ、密閉された個室状の巣を作る。巣の床は水面より上にあるが出入り口の通路だけは水面下にあり、天敵の侵入を巧妙に防いでいる。ダムを利用することでこうした水位を常に保っている。
 長い年月の間にはいくつもの“ダム湖”が作られ、これによって岸辺の総延長が伸長し、食物をとる範囲が増えることになる。
 
 ビーバーが環境を大きく変えることで多くの命を森に呼び込んでいる。川が流れているだけで水鳥は住めない場所であったものが、池になることで渡り鳥もやってくる。池にはたくさんの水草も育ち、様々な生物で賑わうようになる。数十年経つと池は土砂に埋まって使えなくなり、残された栄養たっぷりの土砂には草が良く育ち、池は後に広大な草原に生まれ変わり、森の草食動物の貴重な食事場所になる。しかし、天敵がいない環境だと、後述の森林破壊になるケースもある。

 2011年現在で確認されている世界最大のビーバーのダムは、2007年10月にカナダ・アルバータ州のウッド・バッファロー国立公園内で発見されたダムで、長さは850mにもなる。ダムそのものに草木が生えていることから、1970年代から建設が始められ、数世代に亙って拡張され続けているものと考えられている。このダムは更に拡大を続ける可能性がある。
 
 2011年04月29日にカナダ・アルバータ(Alberta)州で『原油のパイプライン破断事故』が発生した。その後に同州環境当局者は、「ビーバーが作ったダムにより、被害も拡大せずに済んだ」との趣旨を、公表している。
  2011年04月29日にカナダ・アルバータ(Alberta)州で『原油のパイプライン破断事故』が発生した。その後に同州環境当局者は、「ビーバーが作ったダムにより、被害も拡大せずに済んだ」との趣旨を、公表している。 
= =========引用終わり==========
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ